首イボの予防と対策

首のイボを防ぐには

イボを気にする女性
首にできるイボは、皮膚の老化や刺激、紫外線の影響などが考えられます。30代を過ぎるといつできてもおかしくないものです。体に害があるわけではないので心配することはないのですが、見た目があまり良くないのと、ネックレスをつけた時やハイネックを着た時にチクチクするので不快に感じます。できてしまったもののケア方法と、これ以上増やさないような予防法を知っておきましょう。

首のイボを自分でケアするなら、肌に保湿をしてあげましょう。イボに効果があるとされるハトムギを含んだ化粧品を使ったり、首のイボにも効果があり、普段のお手入れにも使えるような化粧品を使ったりすると良いでしょう。顔は必ず毎日ケアするものですから、そのついでに首にもケア製品を塗るようにしましょう。たっぷりと保湿することが、イボを防ぐ効果にもつながります。

紫外線の影響も大きいので、普段からUVカットのクリームなどを塗るようにして日焼けを防ぐようにしましょう。紫外線を浴びると、肌はダメージを受けます。そうすると老化も早まりますのでこれが原因のイボができやすくなります。顔に塗るついでに、首にもしっかりUVケア化粧品を塗るようにしましょう。肌につけても良いと言われているものは、ヨクイニン(ハトムギ)や杏仁オイル(アプリコットオイル)が有名です。ヨクイニンは飲み薬にも塗り薬にもなっていて、飲んでも良し、塗っても良しのものです。イボを取る効果が期待できるだけでなく、皮膚の代謝を高めるので、肌をきれいにする効果が期待できます。杏仁オイルは紫外線から肌を守る効果があるとされ、スキンケア製品にも多く配合されています。「杏仁オイル」として販売されており、これ1つあれば体中どこでも使えるので気になるところに使うようにすればイボを防ぐ効果が期待できます。

肌の老化によってできるイボは、肌が元気であればできにくいものですから、元気な肌になるようにお手入れを続けるようにすれば予防できます。

首のイボは保険適用で治療できる?

ハサミ
ある年齢を境に、首にイボができてしまい、だんだん増えてきていて悩んでいるという人は多いです。首にできるイボは肌の老化によってできるものと考えられており、この場合は特に悪性化するようなものはありません。ですから放置しておいても問題はないのですが、増えてくるのが困る、中には大きいものもあって、大きいのだけでも取りたい場合は、皮膚科などで治療してもらうことができます。

普通、風邪をひいたなどで病院に行くと、健康保険が適用されて1割から3割負担で済みます。そのためそれほど高い金額を窓口で支払うことはありません。皮膚科で首のイボを取ってもらう時には、保険適用できるのかどうかが気になります。この治療は、液体窒素で行うものと、炭酸ガスレーザーで行うもの、医療用ハサミで切り取るものがあります。液体窒素や医療用ハサミでの治療だと保険適用ででき、炭酸ガスレーザーだと保険適用されないのが一般的です。

液体窒素での治療は、イボに液体窒素を当てることで凍傷と同じような状態にして取り除くものです。1度で取れてしまうものもありますが、通常は何回か繰り返して治療します。医療用ハサミは、5ミリ以下の小さなイボをハサミで切り取ります。小さなものだとそれほど痛みもありませんし、簡単に処理できます。これらの治療については、保険適用されます。

健康保険が適用されないのは、炭酸ガスレーザーでの治療です。これは1回で終了ですから一番早く治療が終わりますが、その分費用面が高くついてしまいます。美容皮膚科の場合は、液体窒素やハサミでの治療を行っておらず、レーザーしか行っていないところが多いです。ですからそのような病院だと保険適用されないことになります。ただし、一部の病院では、1回目の治療だけ保険適用としているところもあるので、行こうと考えている病院はどんな対応をしているのか調べておくと良いでしょう。病院での治療は、多少なりとも痛みが伴うものです。自宅のケアでも十分対処できますので、自宅ケアを中心に考えてみましょう。

首のイボを放置していたらどうなる?

首にいつの間にかイボができていたと気づくと、そのイボがとても気になってしまいます。首にできるのは、ほとんどが加齢による皮膚の老化でできるもので、病気ではありません。急に大きくなってきたり、出血したりというような変化があるものは、一度病院で検査した方が良いですが、小さなポツポツしたものは放置していても問題はありません。
お疲れ猫
しかし、放置しておくと、服の繊維の摩擦で常に刺激していることになるので、数が増えてくる可能性があります。小さなものが増えるだけなら良いですが、今まであったものがだんだん大きくなってくることもありますので、放置するよりも何らかの対策を考えた方が良いです。

では、どんな対策をすれば良いのかですが、まず肌の状態が良くなるようにします。老化してくると潤いが無くなってくるので、たっぷりと潤うような化粧品を塗ることが大切です。顔には意識して化粧品をつけますが、首は意外と忘れがちです。顔をお手入れしたついでに、ぜひ首もお手入れするようにしてください。このイボは、首だけでなく体のどこにでもできてしまいます。皮膚の老化が原因なので、首だけではなく全身にできる可能性があるのです。ですから、常に肌を乾燥させないようにするとか、紫外線を浴び過ぎないようにするなどの注意をしなければなりません。

最近では、このようなイボに効果があるとされるケア商品が発売されています。イボに効果的なハトムギが配合されていたり、アプリコットオイルが配合されていたりするものなどを選んで使ってみると良いでしょう。ハトムギについては、肌に塗るだけでなく、口から取り入れることもできます。薬局などで、ティーパックになったハトムギや錠剤になったものが販売されていますので、それも同時に摂取してみるとなお効果的です。ハトムギそのものは、少しクセがあるので好き嫌いがあるのですが、錠剤になったものだとクセも気にならずに飲めます。飲んですぐにイボが消えるわけではありませんが、気長に続けていくと良い効果が期待できます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ