首のイボとリンパの関係は?

人間は年齢を重ねるにつれて体が老化してきます。なかなか受け入れたくないものですが、誰もが年を取りますし、仕方がないことです。しかし最近は、年齢よりもかなり若々しく見える人が増えてきました。肌のお手入れや日々の運動などを積極的に行っているからなのでしょう。そんな中、顔は若々しくてきれいなのに、首筋あたりにシワやイボらしきものがあってちぐはぐ感があると言う人がいるのも事実です。顔がきれいになればなるほど、首との差が激しくなるので、首のお手入れも忘れてはいけません。

顔のお手入れをする時に、首も一緒にしているという人はかなり少ないです。顔とつながっているところなのに、忘れてしまうのです。首にできるイボは老化のサインと言われていて、しわやたるみ、イボがほぼ同時にあらわれてきます。こういった老化を防ぐためにも、スキンケアの範囲を首まで広げるようにしましょう。特別な化粧品を買う必要はありません。顔に使っていたものを、そのまま首からデコルテまで一緒に塗れば良いだけです。
マッサージされる女性
また、首の周りにはリンパがたくさんあります。リンパに老廃物が溜まってしまうと肌の老化につながります。鎖骨のリンパをマッサージして老廃物を溜めないようにすると肌の老化も抑えられ、それが原因のイボの発生も抑えられます。マッサージの方法は簡単ですから、ぜひ毎日行うようにしましょう。まず、4本の指を鎖骨に引っ掛けるようにして押します。3つ数えて押して、3つ数えて離す、を3回繰り返します。もう一つのマッサージは、耳の横に人差し指、中指、薬指をぴったりとくっつけ、そのまま鎖骨のリンパ節までゆっくりと指を下ろします。これを3回繰り返せば、リンパの流れが良くなります。難しいことは何一つありませんので、毎日のお手入れの時に行うようにしましょう。肌の老化が進みにくくなり、しみやしわ、イボなどの発生が抑えられます。肌のお手入れには、ハトムギやアプリコットオイルなどが配合されたものを使うとなお効果的です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ