首の周りのイボの原因

肌のきれいな女性
イボには人にうつしてしまう可能性があるウイルス性のものと、そうでないものとがあります。首の周りにできるものは、ほとんどが皮膚の老化、加齢が原因でできるものとされています。この種類は、ウイルス性ではありませんので人にうつしてしまう心配はありません。ただ、放置しておくと自分の皮膚には増えてくるので注意が必要です。

なぜ、首の周りにイボができてくるのでしょう。これは皮膚と脂肪からできていて、肌同士や服の繊維と肌とが接触して刺激となり、それが原因でできると考えられています。その他には、肌の老化、加齢、紫外線の影響などがあり、原因は一つだけではありません。首の周りのイボは、30代をむかえた頃に発見することが多いですが、この頃から体の老化が始まってきていると考えた方が良いでしょう。

もし30代で見つけたら、いつも以上に肌のケアを念入りにすれば増えていくことはありません。40代や50代になってもイボができずにいる人もたくさんいます。もちろん、体質などにもよりますが、きちんと肌のお手入れをすれば防げるものなのです。首の周りだけでなく、脇まわりや横腹、太ももの付け根にもできやすいので、入浴時などにできていないかチェックするようにしましょう。もしできていたらそれ以上増やさないように注意しなければなりません。

この種類のものは放置していても問題はないものですが、肌のざらつきや見た目が気になります。できればきれいにしたいものですが、病院で取ってもらうと費用もかかりますし、痛みも全くないわけではありません。自宅ケアでも大丈夫なので、まずは自宅ケアから始めてみると良いでしょう。イボに効果的と言われているのが、ハトムギやアプリコットオイルです。「ハトムギエキス配合」や「アプリコットオイル配合」と明記してある肌ケア製品を選んで使ってみましょう。体にできるイボに効果があると言われる肌ケア製品も発売されていますので、これらを使ってみると良いです。ハトムギは飲み薬やサプリメントにもなっているので、体の内側からもイボ対策ができます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ